高血圧と自律神経失調症との関係

高血圧と自律神経失調症との関係をご存じですか?
自律神経失調症は簡単に言えば、ストレスなどで交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、体に様々な不調が起こる病気です。

 

 

特に20〜40代の女性に多いと言われており、その理由は女性ホルモンと関係があるという説が有力です。
つまり、急速に体が変化する生理が始まる思春期や妊娠、更年期に起こりやすいとされています。

 

 

そして自律神経のバランスが崩れて交感神経が活発化しすぎると血管が収縮が強まり、血管が細くなることで血圧が高くなり、勢いよく血液が流れることで血管壁が傷つけられるのです。

 

 

こうして高血圧の状態が続くことで血管もボロボロになってしまうのです、
そこで日常の食生活でも自律神経に良い栄養を摂ることが高血圧の予防や改善にも繋がります。

 

 

その栄養とはズバリ、ビタミンB12です。
ビタミンB群は神経系を正常に機能させるような働きがあり、その中でもビタミンB12は血液中の赤血球を作るのに重要な働きがありますし、脂肪やタンパク質、糖質の代謝にも関係しているのです。

 

 

更に、神経細胞内の核酸やタンパク質、脂質の合成を助け、精神的なバランスの安定を高めたり、血管保護や遺伝子を作るのにも重要なのです。

 

 

ビタミンB12を多く含む食ベ物は、アサリ、レバー、しじみ、イワシ、卵、チーズ、牡蠣などに豊富に含まれています。
ちなみに米や野菜などの農作物には含まれていなので、不足がちな人は動物性食品から摂るようにしましょう。

 

 

最も理に叶った現役エリート医師が教える画期的な高血圧食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる