断糖食では空腹感が強くなる?

断糖食では空腹感が強くなると思っていませんか?
断糖食では肉や魚ならどれだけ食べても構いませんが、食事の際にお腹が膨れた感じがあっても満腹感があまりないという方も、断糖食を始めたばかりの頃にはいらっしゃいます。

 

 

また、最初から、通常の食事のように満腹感を感じる人もいますが、ごくまれに強い空腹感を感じる人もいます。
ですが、断糖食で糖質の摂取を制限することで、食前と食後の血糖値の差が殆どなくなってくるので、糖から脂質へと体内の代謝が切りかわってくるので、しだいにエネルギー代謝が安定してくるようになります。

 

 

空腹感があるなどの感覚は個人差はありますが、数日から数週間でなくなってくる人が多いようです。
また、断糖食を1、2か月続けると、体重も減り、血糖コントロールも順調になり、血圧も下がって正常値に安定してくるようになりますが、何となく力が出なくなったという方もたまにいらっしゃいます。

 

 

力が出ないということは、単純に考えれば低血糖状態と考えれますが、しかし、薬などを使わずに断糖食だけをおこなっていれば、低血糖になることは殆どありません。

 

 

こうした力が何となくでなくなったという人は、摂取エネルギー不足しています。
当然ですが、総摂取量が少なければ日常生活での力が出ません。
断糖食では食事の量(総摂取量)は気を使う必要はありませんが、とは言え、全体の食事の量が少なければ気をつけなければいけません。

 

 

1日に必要なエネルギー量は体格や活動量などによって個人差がありますが、目安としては男性なら1400〜1800キロカロリー、女性では1200〜1600キロカロリーは必要でしょう。

 

 

小食で1日3回の食事では十分なエネルギー量が摂取出来ていないようなら、間食でナッツやチーズなどの糖質を含まない食品で、エネルギー補給をするようにしましょう。

 

 

自宅で無理なく出来る薬もキツイ運動もやめられた画期的な高血圧食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

 

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
自然界にない油は避けよう!
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
脂質異常症の治療
肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。
糖質制限で痩せる理由
脂質の役割と摂り方
入院中の断糖食はどのように行われるのか?
断糖食は便秘にも効果的
お酒は動脈硬化の予防に一役