脂質異常症の治療

脂質異常症の治療でお悩みではありませんか?
脂質異常症とは、血液中の中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールが多すぎる、もしくはHDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気で、放置すると動脈硬化や心臓病、腎臓病などの原因にもなるので、早期改善が大切ですね。

 

 

健康診断での脂質異常症の基準値は以下の表のとおりです。

 

高中性脂肪血症

高LDLコレステロール血症 低HDLコレステロール血症

診断基準値

150mg/dl以上

140mg/dl以上
(境界域120〜139mg/dl)

40mg/dl未満

 

 

また、健康診断では正常でも、血液が普段とは異なる状態にが起きていることがあります。
それは、血液中の血清という成分がにごっていることです。
この血清は、血液から赤血球などを分離させて取り除いたものになり、正常なら透き通っているのですが、中性脂肪値が高い異常がある人はにごってしまうのです。

 

 

これがあると心筋梗塞や狭心症など、命に関わる事態を引き起こすことがあるので注意が必要です。
また、厄介なことに健診で中性脂肪が正常な人でも、にごりが出る場合があり、それが食後高脂血症です。

 

 

これは食後8時間ほどで中性脂肪値が下がる為、食後の2時間以上経過後の空腹時に血液検査を行う通常の健康診断では、異常なしと診断されてしまうのです。

 

 

そして、血液中の中性脂肪は脂肪酸に分解されて、体のエネルギー源として使われますが、食後高脂血症の方は内臓脂肪が増えているので、中性脂肪が十分に分解されず、レムナントいう残りかすができます、

 

 

これが血液のにごりの正体で、血管壁の内部に蓄積して、動脈硬化を起こしてしまうのです。
また、脂質異常症は多くの場合、自覚症状が現れるこはないので、気づかなうちに動脈硬化が進行し、心筋梗塞や狭心症など、命に関わる事態を引き起こすことがあるので注意が必要でしょう。

 

 

肉がコレステロールなどの内臓脂肪の原因と思っている方もいらっしゃいますが、穀物などの炭水化物で、動脈硬化は高脂肪食が招くのは誤解です。
いずれにしても、中性脂肪値が高い脂質異常症の治療で大切になるのが食事で、炭水化物などの糖質を出来るだけ控えるようにすることです。

 

 

この荒木高血圧食事法(断糖食)を行えば、中性脂肪、血糖値、肝機能、が大幅に改善し脂質異常症による命に関わる病気を未然に防ぐことに繋がるでしょう。

 

最も理に叶った現役エリート医師が教える画期的な高血圧食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
自然界にない油は避けよう!
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
断糖食では空腹感が強くなる?
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。
糖質制限で痩せる理由
脂質の役割と摂り方
入院中の断糖食はどのように行われるのか?
断糖食は便秘にも効果的
お酒は動脈硬化の予防に一役