脂質の役割と摂り方

脂質の役割をご存じですか?
脂質(脂肪)は肥満の原因にもなるし、健康に良くないと思っている人も未だに少なくありませんね。

 

 

そもそも脂質が健康に悪いと思うのは、それがそのまま脂肪になってしまうと誤解しているからでしょう。
ですが、体脂肪になってしまうのは炭水化物などに含まれている糖であって、体にとって大事な役割をしているのです。

 

 

食事で摂った脂質は、脂肪酸に分解されて体内に吸収され、細胞の膜を作る材料になったりします。
更に、ホルモンや赤血球のヘモグロビンの材料にもなりますし、免疫力や抗酸化力、肌に潤いを保つ役割もしてくれます。

 

 

また、脂肪酸は動脈硬化を防いでもくれます。
と言うのも、動脈硬化を起こすと、血液が流れにくくなるので血圧が上がり、血管疾患に繋がりますが、血管の細胞膜の水分保持や血管の柔軟性を維持するのに欠かせないのです。

 

 

そして、脂肪酸にも体内で合成出来るものと出来にないものがあります、
出来ない為に生きる為に食べ物から摂取する必要があるのが必須脂肪酸ですね。
食事で摂ものには大きく分けて、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、ラード(豚脂)などのように常温で固まる動物性の脂質は、殆どが飽和脂肪酸です。

 

 

一方、常温でも液体のままで固まらないのが不飽和脂肪酸で、そのうち必須脂肪酸はαリノレン酸とリノール酸です。
加えて、魚の油脂に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPAエイコサペンタエン酸)もですが、これは体内のαリノレン酸から合成されるものもあります。

 

 

これに対して、飽和脂肪酸は、どうしても摂らなければならないものではありません。
そういった意味では糖と同じで、摂らなくてもいいのです。
ですので、肉の脂身は断糖食では取り除いて食べるようにします。

 

 

また、近年は牛や豚、鶏肉などの銘柄のはっきりしない大量生産された肉は、ホルモン注射や抗生物質などが投与された心配があります。
これらは安価で購入しやすいメリットがありますが、薬品で管理されているということも頭にいれておく必要があります。

 

 

やはり私たちの生命力を高めてくれるのは、天然の生きものです
とは言え、良い育て方をされた肉はやはり値段が高いですよね。
そこで、大量生産された肉を食べる時は、脂身の少ないものを選びましょう。

 

 

有機塩素系農薬やダイオキシンなどは、脂肪に溜まりやすいからです。
いずれにしても、食は生きる楽しみでもあると同時に、高血圧などの生活習慣病を防いだりと自分の健康を守る防衛策にもなります。

 

 

この荒木高血圧食事法では、身体に害のある食品は避け、本当に必要な栄養素を摂取するコツが分かりやすく解説してあります。

 

「糖」を避けて、必須アミノ酸や必須脂肪酸を摂取するコツとは?

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
自然界にない油は避けよう!
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
断糖食では空腹感が強くなる?
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
脂質異常症の治療
肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。
糖質制限で痩せる理由