荒木式高血圧食事法 荒木裕 治療

薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法とは!?
崇高クリニックの荒木裕先生の【荒木式】高血圧克服プログラムの治療は、薬もキツイ運動もやめられた最も効果のある実績のある食事法の治療です。

 

「なかなか血圧が下がらない…」

「心筋梗塞や脳卒中にならないかと不安…」
と悩んでいませんか?

 

今、日本の高血圧患者さんの数は、4,000万人とも、それ以上とも
言われていますね。
そのうち、降圧薬などの薬を飲んでいる人が、2,000万人と言われて
います。

 

実に、人口の約3人に1人が高血圧症を患っており、少なくとも6人に1人が薬などによる治療を必要としているのです。
ですが、これまでどんな治療をしても下がらなかった血圧が、美味しいものを好きなだけ食べて下げることが出来る食事法があるのですが…。
まずは百聞は一見にしかず!荒木式高血圧食事法を実際に行われた女性の方の体験談をご覧下さい↓↓

 

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

断糖食の効果がある理由はこちら

 

この【荒木式】高血圧克服プログラムは、兵庫県で崇高クリニックを開業されている現役の医師である荒木裕先生が行なっている治療法です。
京都大学医学部を大学院まで卒業され、ハーバード大学でも教鞭を取られていたほどのエリート中のエリート医師です。

 

 

高血圧の原因とは?

糖質

高血圧は、糖尿病の合併症のひとつでもあり、血圧に大きく影響を与えているのが腎臓です。

血圧は文字通り、血管の中を流れる血液が血管壁を押す圧力のことです。

 

 

血圧が高い状態が続くと、やがて動脈硬化を招いて、脳梗塞や心筋梗塞などの血管障害や心臓病、腎臓疾患などの多くの病気を引き起こしてしまいます。

 

 

腎臓は、細い血管が無数に集まったもので、全身を巡ってきた血液をろ過して、その中に含まれる老廃物を尿として体外に排泄し、一方で必要な成分は再吸収して血液に戻しています。
こうした腎臓の働きは、血圧によってコントロールされています。

 

 

また、腎臓はレニンという酵素を分泌し、血圧を上げる作用のあるアンジオテンシンUというホルモンを作る際に欠かせない物質です。
これによって、腎臓は血圧を一定に保つ働きをしています。

 

 

その為、腎臓の働きが悪くなると、これらの機能が異常をきたし、高血圧になりやすくなります。
この腎臓の働きを悪くする原因となるのが、糖によって血管が動脈硬化を起こし、詰まったりもろくなったりするこになります。

 

 

そうなれば、血液のろ過機能も低下し、余分な塩分や水分を何とかしようとして血液量を増やし、圧力を上げようとするのです。

 

塩分制限だけでは血圧は下がらない

血圧をあげている根本原因は、糖にあるにも関わらず、一般的には塩分の摂取のしすぎが腎臓に負担をかけ、血液量を増加させる原因とされています。

 

もちろん、塩分の摂りすぎはよくありませんが、血圧が高い人に厳しく塩分制限をして、それでも改善しない場合は高圧薬などを用いて血圧を下げているのが現状です。

 

糖質は知らずに摂りすぎている!?

糖質

世界保健機構(WHO)は現代人は砂糖の摂りすぎで病気になる危険性が高まっているとして、それまでの相接種カロリーの10%としてきた1日の砂糖摂取量は5%未満に抑える食生活がよりお勧めと発表しています。

 

 

この量は25グラムになり、およそティースプン6杯分に相当します。
ですが、それでも多いくらいです。
何故なら、糖質はあらゆる食材に含まれているので、完全にゼロにするのは不可能だからです。

 

 

主食のご飯やパン、麺類、砂糖たっぷりのスイーツなどはわかりやすいので避けやすいですが、食べた時に甘いと感じるのが糖質ですから、大根やニンジンなどの根菜類、更には玉ねぎなどのネギ類、トマトやカボチャなどの暖色系の野菜も食べ続ければ、糖質の摂りすぎになってしまいます。

 

 

特に果物に含まれている糖質は、炭水化物や砂糖に含まれるブドウ糖とは違い、果糖という糖の中でも甘い種類です。
体内では消化酵素に分解されることなく、そのままの形で腸に吸収され、血液中に入るとその多くは直接細胞に送り込まれるので、ブドウ糖のようにインスリンの助けを借りることができなくなるので、野菜や果物ばかりを食べるのはかえって逆効果です。

 

現役医師のこれまでにない革新的な高血圧食事法とは!?

非常に高い権威をお持ちですので、信頼性も高くその医師の今までになかった画期的な食事法の治療になります。
そして、この食事法の治療の特徴は、

 

調理法はとてもシンプルな誰でも簡単に自宅で始められる食事法
塩分を計ったり面倒なことをする必要は一切なし
必要な食材は近くのスーパーで簡単に手に入るものばかり。
お腹いっぱい食べられる食事法で食材以外に必要なものはなし。
お酒も種類によってはOK。
薬も全く必要としない食事法

 

という、これまでにない画期的な高血圧を改善する食事法です。

 

 

もし、あなたが今、高血圧状態が長期間続いていたとしても、【荒木式】食事法を実践すれば、血圧を正常範囲内にコントロールすることができます。
自宅で簡単に実践できるだけではなく、早い人で3日〜2週間、遅い人でも数週間ほどでその効果を感じて頂けます。

 

高血圧の本当の恐ろしさは、あなたもご存知の通り、命に関わる脳梗塞、心筋梗塞、腎不全など様々な病気を併発してしまうことです。この【荒木式】食事法を続ければ、再び高血圧で悩んだり心配したりすることはなくなります。

 

そして、なぜ、薬を飲み続けても血圧は下がらないのでしょうか?
そもそもなぜ、血圧は上がるのでしょうか?

 

 

実は、現代の高血圧治療を続けている限り、残念ながらあなたの高血圧が良くなることはありません。
そして、これまで誰も話さなかった真実とその治療法が下記から具体的に分かりますので、今後の参考に一度チエックしてみると良いでしょう。

 

 

★安心の全額返金保証付き!

★365日間のメールサポート付き!

 

ダウンロード版と配送版がお選び出来ます。(※配送版は別途送料2,000円がかかります)

 

初回アクセスから3日間限定 通常価格の50%OFF!

 

 

DVDの中身

糖質

第一部
なぜ高血圧が治らないのか?
〜他では絶対に聞けない高血圧、血管、体のしくみ〜
Q.1 炭水化物ばかり食べると動脈硬化になりやすいのは本当ですか?
Q.2 農産物ばかり食べると血管がボロボロになりやすいのは本当ですか?
Q.3 どうすれば早朝高血圧は防げますか?

 

第2部
糖を断てば血圧は下がる
〜生活習慣を薬で変えられますか?〜
Q.1 肉や魚を嫌い、足腰が衰えると治りません
Q.2 血管保護、高血圧を防ぐのはビタミンCではなく、ビタミンB12! ガンにも?!
Q.3 高血圧薬では根本的に治らない理由とは?〜糖化コラーゲン〜
Q.4 インスリン抵抗性

 

第3部
もう騙されない! 高血圧と塩分の誤った常識
Q.1 熱中症が注目された時、「低塩、減塩」は沈黙しました。なぜでしょうか?
Q.2 「塩」の重要性〜 人間の体は塩の電気で生きている〜
Q.3 塩分を減らすと、逆に血圧が上がる可能性があるのは本当ですか?
Q.4 なぜ、鶏や牛は土をなめるのですか?
Q.5 塩分が増え過ぎないようにしている体のメカニズムを教えてください。

 

第4部
【荒木式】 断糖食で高血圧を克服!
Q.1 高血圧には断糖食が有効です。では、断糖食では何を食べれば良いでしょうか?
Q.2 「糖がないと脳が働かない」というのは本当でしょうか?
Q.3 なぜ、野菜や米を食べる必要がないのでしょうか?

 

第5部
【荒木式】断糖食Q&A
〜 さようなら高血圧、生活習慣病 〜
Q.1 高血圧を克服できる断糖食の基本を教えてください。
Q.2 食生活の秘訣を教えてください。
Q.3 果物について
Q.4 野菜について
Q.5 食べて良い肉、悪い肉について教えてください。
Q.6 「コレステロールの原因は、肉ではなく穀物や炭水化物」というのは本当ですか?

 

特典インタビュー
「みんなが断糖食をすれば病人は少なくなると思います。」