症状

高血圧は、他の病気のように自覚症状があるのではないかと思っている方も多いかもしれませんが、合併症がないかぎり高血圧には自覚症状がないことが多いです。
その為、自分ではなかなか気づきにくいものです。

 

 

一般的に高血圧の症状として、めまい、頭痛、手足の痺れ、肩こりの症状があるのではと思うかもしれませんが、違う病気や低血圧の人でも同じような症状が出る場合もあり高血圧の特定の症状とは言えません。
その為、健康診断などで血圧が高いと診断されたなら、自覚症状がないからといって治療しないというのは間違いです。

 

 

高血圧はじわじわ進行するので、普段は忙しく仕事などバリバリしている人がある日突然、狭心症や脳卒中など高血圧が引き金になって合併症を発症し倒れてしまうのです。
つまり、命に危険がある脳卒中や心筋梗塞などの合併症が発症してから高血圧の治療をするのでは遅いのです。

 

 

実際に、心筋梗塞などは半分以上は何の前触れもなく発症しますし、脳卒中の中でもくも膜下出血や脳出血も突然大きな発作が起きます。

 

 

また、一方で、高血圧と診断されている方で脳梗塞や心筋梗塞などの合併症の場合には前ぶれとして自覚症状が見られる場合もあります。
脳梗塞や脳出血の前ぶれとしては、歩いているときに突然目が回りふらくようなめまいがしたり、よろける、物が二重に見える、突然箸を落とす、舌がからまる、頭がズキズキ痛む…。

 

 

心筋梗塞は、急に胸が苦しくなるなどの前触れがあります。
このような場合には、すぐにでも病院で診てもらうようにして下さい。
合併症にならない為にも、高血圧と診断されたら早期の段階から食事療法などを取り入れて生活習慣の改善を始めるようにしましょう。

 

 

自宅で無理なく出来る薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる