高血圧の数値とは?

高血圧の数値は、収縮期140mmHg以上、もしくは拡張期血圧が90mmHg以上が治療の対象になります。

 

 

また、高血圧と正常血圧の間の最大値(収縮期130〜139mmHg)、最小値(拡張期85〜89mmHg)のいずれかの範囲内は正常高値と言います。
ですが、これは正常範囲内ですが高血圧予備軍で注意が必要な状態です。

 

 

そして、血圧では上の最大血圧をとりだたされることが多いですが、下の血圧(拡張期血圧)も気をつけなければいけません。

 

 

例えば、最大値が129mmHg以下の正常であっても、最小値が85mmHg異常なら安心してしまいがちですが、最少血圧も最大血圧と同様に気をつける必要があります。
何故なら、最大血圧は変動しやすいのに比べ最少血圧は変動しにくいからです。

 

 

つまり、下の血圧が高くなれば上もあがる恐れが高いという状況です。
また、最少血圧だけに効く降圧剤などもない為、肥満気味の方は減量をするなど薬を用いる前にまず、生活習慣などを含め食生活を見直しましょう。

 

 

自宅で無理なく出来る薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる