仮面高血圧

最近では家庭用血圧測定器が普及したこともあり、自宅でいつでも血圧が測れるようになりましたね。
そして、自宅で測る血圧と病院で測る場合とに違いがあるということも多いです。
よく白衣高血圧という言われるのですが、病院で測る血圧が自宅でのふだんの数値より高くなってしまうことです。

 

 

血圧は、緊張し血管が収縮すれば上がりやすい為、病院での普段と違う環境に緊張してしまい医者の白衣などがきっかけで血圧が上がりやすいことから白衣高血圧と呼ばれています。

 

 

そして、問題なのは白衣高血圧とは逆の、病院で測る数値は正常なのに対し、日常での血圧が高いという方です。
病院では正常なのに、それ以外で高い状態が隠されていると言うことから仮面高血圧と呼ばれています。

 

 

仮面高血圧は、なかなか発見しにくいこともあり、その状態が続き脳卒中や心筋梗塞など合併症になりやすいことが分かっています。
また、この仮面高血圧になるきっかけとして考えられるのは、煙草などの喫煙習慣も要因の1つです。

 

 

煙草を吸うと血圧は上がるのですが、病院では当然吸うことはできません。
その為、病院では正常値にまで下がるのです。
しかし、喫煙習慣のある方は、どちらかと言えば煙草を吸っている時が普段の高血圧と言えると思います。

 

 

そして、病院では正常値なのに、以下の項目がある方は注意が必要です。

 

・職場高血圧
 病院では正常範囲内ですが職場が忙しいサラリーマンなどの方で、人間関係や職場での緊張感がありスト
 レス、喫煙習慣が血圧を上げます。
 職場で責任のある管理職の方や肥満気味の方は要注意です。

 

・早朝高血圧
 早朝にかけて血圧が上がりやすいです。
 急激な気温の変化に体をさらすことが多い方や性格的にせっかちで責任感が強い方。
 心臓病や糖尿病がある。

 

・夜間高血圧
 夜間から早朝にかけて血圧が高い状態が続きます。
 動脈硬化が進んでいる方で糖尿病など他の生活習慣病との合併症がある方。
 健康なら、寝ている間は自律神経が交感神経から福交感神経に変わり、自然に血管が広がりますが、動脈
 硬化が進めば血管が広がらず血圧が高い状態になります。

 

 

このような仮面高血圧に思い当たることがあるようなら、命の危険がある合併症になる前に生活習慣などを含め食生活を見直すようにしましょう。

 

 

自宅で無理なく出来る薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる