血管壁が硬くなることも高血圧の原因

血圧が上がる大きな原因の一つに、血管壁が硬くなることがあるのをご存じですか?
そもそも高血圧や動脈硬化、その合併症でもある心筋梗塞などの循環器系の疾患が引き起こされる原因の一つに血管内皮の炎症があるんですね。

 

 

そして、血管内皮に炎症が起きてしまうと、その傷の部分に血小板が付着して血栓が作られ、心筋梗塞などの原因になるのです。
しかも血管壁がはがれて厚くなって硬くなることから、血圧が上がり、高血圧の原因になlってしまうのです。

 

 

ところが、血液をサラサラすることでも知られている、青魚に多く含まれているオメガ3脂肪酸のDHAやEPAを摂れば、血小板が血管に付着するのを抑えてくれる成分が増えて付きにくくなるのです。
つまり血液を固まりにくくして、出来てしまった血栓を溶かす作用もあるのです。

 

 

また、中性脂肪と悪玉コレステロールのLDLを減らし、善玉コレステロールのHDLを増やしたりもする働きがあることから、動脈硬化にも効果を発揮するのです。

 

 

実際にこれらの効能は、高脂肪食にも関わらず、高血圧や動脈硬化などの循環器系の疾患が少ない、エスキモーやイヌイットの食生活の調査でも実証済みです。

 

 

ただ、オメガ3脂肪酸は、150℃以上の高温で調理すると心臓疾患や癌、アレルギーの発生原因となる過酸化脂肪酸に変化するので、火を使わないで食べられるお刺身や缶詰などなら心配がないのでお勧めです。

 

 

なお、血圧については色々な憶測や噂が飛び交っていますが、実は血圧というものの本当の姿が明らかになってきたのは近年になってからなんですね。
その為、未だに解明されていないことも少なくないのです。

 

 

その為、誤った知識の中には、かっては常識とされていたこともあるのです。
いずれにしても、いくら降圧剤などの薬を飲んでも高血圧の大きな原因である血管壁を柔らかくすることはできません。

 

 

これまでの高血圧の常識は間違いだらけだった…

現役エリート医師が教える荒木式食事法(断糖食)で高血圧を克服

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる