血管事故とサルコペニアを防ぐには?

現在は血管と筋肉の為に肉をしっかり食べることが、健康によいということが健康雑詩等にも多く取り上げられるようになってきましたね。

 

 

そして、心筋梗塞や脳卒中などの血管事故と深い関わりがあるのが高血圧です。
また、今尚健康のためには肉類などを控えて、玄米菜食などの粗食が良いというイメージが強いですが、日本人の2015年の食事摂取基準では、高齢者の低栄養などが危惧されています。

 

 

それには高齢者の介護が必要になってくる原因として、加齢と共に筋肉が病的に減ってしまうサルコペニア(筋肉減少症)があるからです。
このサルコペニアの要因の一つとしてあるのは、タンパク質不足です。

 

 

タンパク質は、筋肉の材料になり、肉類などから取らないと筋肉が減りやすいのです。
当然、血管もタンパク質から作られているので、これが不足してしまうと、血管の若返りも望めません。

 

 

実際に、2013年にエベレスト登頂の80歳での高齢者記録を作ったプロスキープレーヤーの三浦雄一郎さんも肉を好んで食べていると言われています。
それによって、高血圧による血管事故や筋肉の衰えも少なく体も丈夫で、今もなお元気で活躍されている所以でしょう。

 

 

いずれにしても、血管と筋肉の為に肉をしっかり食べるようにしましょう。
なお、肉にもお勧めきるものと、出来ないものがあります。

 

 

この荒木式高血圧食事法では、どのような肉がおすすめできるのかを丁寧に分かりやすく解説してあり、血管事故や寝たきりになって要介護状態になるのを未然に防ぐことが出来るでしょう。

 

薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる