高血圧はインスリン抵抗性が原因でも起こる

インスリン抵抗性が原因で高血圧になるのをご存じですか?
実際に現在では、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の根本的な原因にのひとつにインスリン抵抗性が関与していると言われていますね。

 

 

そもそも糖は体内でブドウ糖となって吸収され、血液に乗って体の必要な部位の細胞に運ばれますが、ブドウ糖単独では細胞に取り込むことが出来ません。
そこで膵臓からインスリンというホルモンが分泌して糖にくっつくことで、細胞に取り込まれるのです。

 

 

ですが、細胞に糖を取り込む荷受け人的役割をするインスリン受容体が、内臓が体脂肪で脂まみれになっていると感受性が鈍くなり、糖を取り込むことが出来なくなってしまうのです。
そうなると、インスリンは代謝され消えてしまいますが、糖は血液中に留まってしまうのです。

 

 

脳は血液中に糖が余っているとインスリンが足りないと勘違いをし、膵臓に指令を出し更に分泌させようとするんですね。
ところが、内臓脂肪の為に糖を上手く処理することが出来ずに、ンスリンの働き(効き目)が次第に悪くまってしまいます。

 

 

このようにインスリンが効きにくくなり、ブドウ糖が細胞に十分取り込まれなくなった状態がインスリン抵抗性といいます。
また、効き目不足を補おうといて膵臓からインスリンを分泌しようとしますが、これが高インスリン血症です。
この状態になると、過剰なインスリンが体の様々な部分に悪影響を及ぼします。

 

 

高血圧や動脈硬化、肥満、高脂血症などの生活習慣病に原因になるばかりか、自律神経にも作用して正常な機能を狂わせてしまいます。
いずれにしても、炭水化物などの糖質をたくさん摂取していると、インスリン抵抗性が起こり、それが進行すると高インスリン血症となり、血液中にインスリンが溢れてくるようになるのです。

 

 

つまり、余分な「糖」の摂取が原因で、「インスリン抵抗性」が起こり、それが交感神経を刺激し、興奮しっぱなしの状態になり、いっまでたっても副交感神経が優位な状態に変わらないのです。
その結果、自律神経のバランスを崩し、イライラしたり、寝つきが悪いくなったり、疲労感もとれず、高血圧の症状が現れてくるのです。

 

 

そして、ほとんどの体の器官は、自律神経の昼間などの活動時や緊張、興奮状態に働く交感神経と、夜や休憩時、リラックス時などに働く副交感神経の支配を受けています。
一つの器官でこの2つの神経が反対の働きをすることえバランスを保っているのです。

 

 

例えば、交感神経は血管を収縮させたり、心拍数を上げますが、副交感神経は逆に血管を拡張させ、心拍数を押さえて血圧を下げるように働くのです。

 

 

したがって、炭水化物などの糖質を制限した食事(断糖食)を続けるようにすれば、血液中の糖が少なくなくなることで、インスリン抵抗性がなくなることで、交感神経も刺激されず自律神経失調症も治まりますし、高血圧も下がってくるでしょう。

 

 

「インスリン抵抗性」を未然に防ぐ単純明快な方法をお教えします!

現役エリート医師が教える荒木式食事法(断糖食)で高血圧を克服

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる