高血圧にはほうじ茶を

高血圧の人のティータイムにはほうじ茶がおすすめです。
特に働き盛りの中高年の高血圧の方で、職場でコーヒーを飲んだりする機会も多いかもしれませんが、コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させる働きがありますし、アドレナリンというホルモンの分泌を促し、血圧を上げる作用があります。

 

ほうじ茶

 

ですので、高血圧の人は、1日1〜2杯程度にとどめておくのが賢明です。
また、緑茶はカテキンが健康にいい反面、カフェインも含まれていますので、そういった意味では、緑茶も高血圧にはあまりよくありません。

 

 

しかし、両者を比べるとコーヒーのほうがより高血圧に悪影響を及ぼすといえます。
何故なら、コーヒーを飲む時には砂糖を入れるからです。このことは紅茶でも同じです。

 

 

糖質を摂りすぎると血液中の中性脂肪が増え、それが血管壁に沈着して血管腔を狭めたり、動脈硬化を促進させてしまいます。
また、中性脂肪は皮下脂肪として体に蓄えられてしまいますから、肥満の原因にもなります。

 

 

肥満は高血圧の大きな原因の一つですから、より血圧に悪影響を及ぼしてしまうのです。
特に缶コーヒには糖質がたっぷり含まれいるものがあるので注意が必要です。
もちろん、ブラックで飲めばまだいいですが、なかなかそうはいきませんよね。

 

 

これらのことから、高血圧の方は、カフェインが少なく砂糖も入れずにすむほうじ茶がおすすめです。

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる