ラベルをチエックしょう

市販されている調味料や加工食品のほとんどは糖が沢山入っているのをご存じですか?

 

 

塩は高血圧の敵と言われ目の仇のように言われ、食べ物から塩を減らすことばかり気にしまいがちです。
ですが、人間を含め動物は塩がなくなれば死んでしまい生命を維持できません。
良く草食動物が土を食べている光景を目にしますが、これは土に含まれている塩分が必要だからです。

 

 

そして、私たち人間の体の体液(血液)などは、塩の濃度に関しては上手くコントロール出来るようになっており、多くなれば喉が渇いて薄めようとし、尿や汗などで体外に出すことも出来ます。

 

 

逆に塩分が不足状態なら、自然と食べ物の味付けも濃くなり美味しく感じるものです。
そして、十分な塩分をとれば、後は欲しくなくなってきて食べ物も美味しく感じなくなってきます。

 

 

こういった正常な自然に感じる感覚があれば摂りすぎるということはありません。
ですが、糖については、そのような機能が身体には備わっていません。

 

 

そして、糖は麻薬中毒と同じようにいくらとっても際限なく欲しいという欲求がなくならず、摂りすぎて病気になるのです。
高血圧の原因は塩分と決めつけられ悪者扱いにされ、市販で売られたいる食品は塩分控えめが本当に多くなってきました。

 

 

ですが、一方で糖やアミノ酸が塩分の代わりに加えられているのが現状です。
実際にスーパーなどへ行って加工食品に貼ってあるラベルを確認してみて下さい。
何でもかんでもほとんど糖が入ってます。

 

 

実際に醤油やドレッシング、みりん、練りワサビ、だしの素など、その他の調味料などにも砂糖やブドウ糖や果糖などが入っています。
何故、醤油など塩味を加えるものに、砂糖などが必要なのか疑問に思いますよね。

 

 

また、納豆は身体に良いのですが、一緒についているタレやからしなどにも糖は含まれています。
当然、肉や魚などの加工食品のハムやソーセージなどは柔らかくするためにたっぷりの砂糖液が製造過程で入れられています。その他にも魚の干し物にはソミュールという糖が入った液体につけられ干されます。

 

 

このように加工食品や調味料など様々な食品に糖が入っています。
そして、食品のラベルで血糖値が上がらない良い糖とNGの甘味料を判断することが出来ます。

 

 

【血糖値が上がらない甘味料】
ステビア、甘草、ファムカリウム、エリスリートール、羅漢果エキスetc…

 

【悪い糖(甘味料)】
水あめ、ショ糖、乳糖、オリゴ糖、ソルビトール、トレハロース、キシリトール、ざらめ、はちみつ、果糖ブドウ糖液糖、還元麦、醸造酢、野菜エキス、芽糖、三温糖etc…

 

 

高血圧や生活習慣病を防ぐ、調味料や危険な食べ物と安全な食べ物の見分け方が分かります。

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる