自然界にない油は避けよう!

ここ最近、トランス脂肪酸という言葉を耳にしたことはありませんか?
トランスとは、脂肪酸の立体構造の違いによって分類した名前で、自然界に存在する脂肪酸の殆どはシス型でL字形に曲がっている構造をしています。

 

 

一方のトランス型は、真っ直ぐの立体構造をしており、私たちの周りには極わずかしか存在していません。しかし、私たちの食生活の身近なところにあります。

 

 

その代表とも言えるのが、食パンなどにつけて食べるマーガリンです。これは、人間の手で人工的に作ったもので、常温では液体になっている植物油に、水素を加えて常温で個体に加工させたものです。
つまり、液体状の油を固体の脂に変えて、バターの代わりになるものを作ったという事です。

 

 

ですが、このトランス脂肪酸は、人工的に作っただけに自然界に存在せず、人間の体内では分解して利用することが出来ないことから、マーガリンのことを食べるプラスチックと例える人もいます。

 

 

また、悪玉コレステロールを増やし、逆に善玉コレステロールを減少させるなど高血圧での合併症である心筋梗塞や狭心症など心臓疾患の発症のリスクが高めるなどの健康面でも様々な悪影響があると言われています。実際に、世界保健機関(WHO)では、健康を害することから、摂取を控えるように忠告をしています。

 

 

また、シス脂肪酸でも調理で高い熱を加えるとトランス脂肪酸になるので、断糖食で肉を焼いたりする際は、マーガリンや酸化した古くなった油を使いまわしたりしないようにしましょう。

 

 

なお、スナック菓子やフライドポテト、洋菓子などにトランス脂肪酸は入っていたり、健康に良いと言われる油などにも含まれていることがあるので、血圧が高い人は尚更注意が必要と言えるでしょう。

 

 

血圧を下げる薬も運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
断糖食では空腹感が強くなる?
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
脂質異常症の治療
肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。
糖質制限で痩せる理由
脂質の役割と摂り方
入院中の断糖食はどのように行われるのか?
断糖食は便秘にも効果的
お酒は動脈硬化の予防に一役