大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる

大豆やご飯、野菜などにもンパク質は含まれていますが、肉類を食べないとでは栄養失調になることをご存じですか?
人間の体はおよそ60兆もの細胞が集まって一つの命を作り上げていると言われており、その細胞の一つ一つは新しい細胞に生まれ変わっています。

 

 

これがいわゆる新陳代謝ですね。
その材料として欠かせないのがタンパク質には血圧降下作用があり、筋肉や臓器、血管、血液、皮膚、骨、更にはホルモンなど体で必要する大切なものを含めて、全てがタンパク質で出来ているのです。

 

 

また、それらは休むことなく様々な細胞で作り出されてるので、その原料となるタンパク質は少しの間でも不足させてはいけない重要な栄養素と言えるのです。

 

 

ところが、もしタンパク質が不足すると、各細胞での製造工場で原料不足になって、栄養失調になって新たな細胞の作られるスピードも落ち、新陳代謝も悪くなり、老化が進み活力が失われいくのです。

 

 

また、断糖食に反論する人の中には、「体に悪い肉を食べなくても植物性食品にもタンパク質は含まれていますよ」と言う人がいます。
確かに植物性食品にもタンパク質は含まれており、中でも大豆は畑の肉とも言われタンパク質も豊富に含まれています。

 

 

しかし、植物性タンパク質には必要とするだけの必須アミノ酸が足りないのです。
何より、タンパク質の2倍以上の糖質が含まれており、体内で新しいタンパク質を合成することが出来ないんですね。

 

 

どちらにしても糖の栄養は、体のエネルギー源にしかならず、使われなかった体内に余った血液中の糖は、体外に排出することができず、高血圧や糖尿病、癌、うつ病などさまざまな病気の原因になります。

 

 

現代は文明が発達し便利になった反面、昔のように体を動かすことや飢餓の恐れもなくなくなったこともあり、糖は現代人にとって、無駄な栄養といっても言い過ぎではないくらいです。
それによって、高血圧や糖尿病になっているのですから、尚更でしょう。

 

 

血圧を下げる薬も運動もやめられた画期的な食事法!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
自然界にない油は避けよう!
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
断糖食では空腹感が強くなる?
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
脂質異常症の治療
肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。
糖質制限で痩せる理由
脂質の役割と摂り方
入院中の断糖食はどのように行われるのか?
断糖食は便秘にも効果的
お酒は動脈硬化の予防に一役