肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になる。

肉と青魚をバランスよく食べると血管が綺麗になることをご存じですか?
実際にカナダ北部やグリーランドなどの氷雪地帯に住む先住民族のイヌイット(エスキモー)は高血圧が少なく心筋梗塞の発症が少ないということで、食生活の調査が行われたんですね。

 

 

このことはテレビ番組や健康雑誌にも多数取り上げられているので、ご存じの方も多いことでしょう。
そして、彼らは農業などが出来ないので、野菜や果物を食べることはとても少なく、ほとんどの食事が動物性タンパク質であるアザラシやオットセイの肉てまかなっていたのです。

 

 

そして、青魚の油にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)がたっぷり含まれていますが、それを食べるアザラシは体内にもそれらがが沢山蓄積されています。
EPAには血管や血液の働きを高めるのですが、特に血液が固まるの防ぐ血小板凝集抑制作用があることから、心筋梗塞の予防になっていたわけです。

 

 

更に、予防効果を高めていたのには、もうひとつ要因があります。
それは、青魚に多く含まれるEPAとアザラシの肉などから動物性脂肪の成分でもあるアラキドン酸を同時に摂取していることです。
そうすることでその効果が一層高まるのです。

 

 

と言うのも、アラキドン酸は体内でプロスタサイクリン(PGI2)という物質を生成するからです。
血小板には、血液を固めて傷口の出血を止める作用がありますが、これが強すぎると血管の中に血栓が溜まってしまうのです。

 

 

そうならないように抑えるのがプロスタサイクリンです。
逆に、血液を固めようとするのがトロンボキサンA2(TAX2)で、これらの2つの物質がバランスよく働きながら、血小板の機能をコントロールしているのです。

 

 

これまでアザラシの肉などを食べて健康的に過ごしていたイヌイットたちですが、近年は食生活が欧米化に伴って高血圧や心筋梗塞になる人が増えているそうです。
このことからも分かりますが、血糖値が上がる糖質を出来るだけ控え、肉と青魚などの動物性タンパク質をバランスよく食べることが高血圧はもちろん、しいては心筋梗塞や脳卒中などの予防には欠かせないと言えるでしょう。

 

 

この荒木高血圧食事法(断糖食)では、肉や魚の食べ方なども分かり、どのような肉がおすすめできるのかなども、丁寧に解説してあるので、迷うことなく取り組めます。

我慢することなく美味しいものを食べながら、降圧薬などを使わずに命の危険に繋がる血管病なども未然に防げるので、その結果、不安のない楽しい毎日が送れるようになれるでしょう。

 

誰でも簡単に自宅で始めることが出来ます!

 

【荒木式】高血圧克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

断糖食の効果がある理由
主食を断糖食に
おススメの食材
飲み物
断糖食の誤解
血圧を毎日記録しょう!
断糖食の外食メニューの選び方
内臓脂肪は高血圧を招く
市販の調味料の注意点
間食を上手に活用しよう
コンビニを上手に活用しよう
自然界にない油は避けよう!
もやしは食べて良い野菜です!
玉子はコレステロールを減らす!?
中性脂肪値に注意をしよう
サプリメントからは核酸と葉酸を摂ろう!
植物性油(調理油)の使い過ぎに注意
糖質を摂ってしまった時のカバー法
高血糖が血管を傷つける
断糖食は血液サラサラ効果も
栄養成分表示で糖質が分かる
缶詰めを食べる時には水煮缶にしょう
断糖食で肝機能も改善
大豆やご飯の植物性タンパク質では栄養失調になる
糖質を摂りすぎると脂肪が燃焼しにくくなる
動物性油脂は不健康というイメージの誤り
断糖食では空腹感が強くなる?
塩分はミネラル豊富な天然塩を適量使おう!
高血圧の合併症の痛風にも断糖食は効果的
食事バランスガイドと断糖食の違い
動脈硬化は高脂肪食が招くの誤解
肉や魚にもビタミン、ミネラルは豊富
断糖食は脳梗塞の脳出血に有効
脂質異常症の治療
糖質制限で痩せる理由
脂質の役割と摂り方
入院中の断糖食はどのように行われるのか?
断糖食は便秘にも効果的
お酒は動脈硬化の予防に一役